<< August 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

- | - | -
猫さんの本能。

ある日、ズボンが卵を温めていたお母さん鳥を襲っちゃった。
お父さん鳥はもう巣に近づかなくなっちゃった。
もう、温める親はいない。
裏のご夫婦が鳥の卵を埋葬。
お父さん鳥はしばらく周りを飛んでいました。
かわいそう、、、だけど、自然界ではそういう事もあるだろう。
何でも興味津々のズボンは楽しかったんだろう。
色々勉強してね。
外では楽しいこともいっぱいあるけど、危険もあるよ。
巣を壊された鳥さんみたいにね。
人間も良い人ばかりじゃないから、気をつけてね。

耳の先っちょのツンとした毛が妖怪アンテナみたい。
スポンサーサイト
- | - | -
コメント
from: Salty   2008/04/21 12:22 AM
本能はいかんともしがたいもので。それにしてもこんなアップが撮れるなんて、ズボンちゃんは和みまくってますね(笑)
from: つっちぃ   2008/04/21 2:04 AM
動物番組とか見ていて、草食動物中心に見ると肉食動物が悪者に見えて
肉食動物中心に見ると、狩りを応援してしまったりします…。
そんな事考えちゃうのは人間だけなんだろな〜。

しかし一眼レフ大活躍ですね!
いいかんじ〜。
ニヤリ顔のズボン。




from: きこ   2008/04/21 1:12 PM
うぅぅ〜、私も同じような経験がある。さらに卵を救ったのに地面に落としてしまってすごい罪悪感。お父さん鳥は頭上でギャーギャー鳴いてた。悲しすぎる・・・。
from: mk   2008/04/21 1:51 PM
Saltyさん>ズボンは近影はさせてくれますが、カメラをめったに見てくれないんです。
遠くにいる時に自然な姿を撮ろうとしても、ついつい目が合うと『え?なになに〜〜』って感じで来ちゃいます。

つっちぃ>そうなんだよね。人間も残酷だしね。
みんな必死に生きてるなーと思います。
ズボンはデジイチの練習台になってくれます。

きこりん>残念だったね。
でも、もう一度触ったりした卵はダメみたいだね。
悲しいけど、これを教訓に今度は安全なところに巣を作って欲しいです。
物干しのパイプの中だったから。
コメントする









 
トラックバック
このエントリのトラック爆破URL:
 
 

mk_weblog

mk=ここの管理人。
オット 猫×2 リクガメ×1と沖縄暮らしをしています。
日常の小さな出来事を記録しています。
いつでも里親募集中
AOZORA-T.com
RECENT COMMENT
RECENT TRACKBACK
ARCHIVES
POWERED
AFILIATE
写真素材 PIXTA
 
 
Copyright (C) 2004-2008 mk All Rights Reserved.